犬の口臭は腸内環境の悪化が原因

犬の口臭は腸内環境の悪化が原因

 

口臭には、実は様々な原因があると言われています。
歯周病の場合もそうですが、内臓系が不調のときにも口臭は気になるようになるそうです。
内臓系の不調というとそのようなことが考えられるのでしょうか?原因をまとめました。

 

胃が消化不良を起こしている

人間でもそうですが、胃が荒れていたりすると口臭はひどくなります。
胃酸が過剰に分泌されている可能性があり、消化の良いドッグフードに切り替えてあげることが得策です。
犬の体にとってもっとも消化しやすい栄養素は、動物性タンパク質。
肉や魚といったものです。
肉食動物の犬は、植物性のものよりも動物性のものの方が体に受け付けやすく、相性が良いのです。
動物性タンパク質が主原料のドッグフードに切り替えてあげると、問題は軽減されるかもしれません。

 

腸内環境が乱れている

いわゆる便秘や下痢など、きちんと老廃物を排出できていないとき、腸内環境は乱れてしまいます。
この腸内環境の乱れの原因に、実はストレスも関係しているそうです。
犬は人間以上にストレスを感じやすい動物だそうで、ちょっとした環境の変化や、毎日の習慣に変化があると、些細なことでもストレスに感じてしまい、便秘や下痢を起こしてしまうのです。

 

 

犬が気持ちよく過ごすためには、犬の体に負担にならないドッグフードが必要です。
無添加ドッグフードであれば、消化不良の素の植物性タンパク質をほとんど含みません。
体に害のある添加物も含みませんから安全・安心。
消化されやすい動物性タンパク質が主原料ですから、胃に負担がかかりません。

 

さらに、無添加ドッグフードに含まれる良質なたんぱく質は便の状態も改善してくれます。
つまり腸内環境も整えてくれるのです。
ストレスに弱い犬にこそ、無添加ドッグフードのような質の良いフードをあげたいですよね。


関連ページ

犬の口臭対策に正しい歯みがきの仕方
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬の口が魚臭くなる原因
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬の口臭予防ガムは効果があるの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!