犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間

犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間

 

最近なんだか、愛犬が太ってきたみたい…。
コロッとしていてかわいいからいいか、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?
人間も肥満は「生活習慣病」のひとつとされているように、犬も肥満は万病のもとです。
ダイエットを始めた方がいいでしょう。
ダイエットには運動が一番。

 

でも、特殊なことをしなければならないのでしょうか?
実は、人間の生活スタイルをほとんど変えずに犬のダイエットは可能です。
どのような運動が必要かご紹介します。

 

散歩は出来るだけ毎日する

きわめてシンプルな方法で、犬は痩せることができます。
なぜなら、日々の散歩をきちんとこなせればいいのです。
肥満犬の多くは散歩嫌い。運動嫌い。
体を動かすことをしんどく思っている犬がほとんどです。
でもそれにも理由があります。
肥満体になってしまった体が重く、動くことが億劫になってしまうのです。
これは人間も同じ。
重い体では活動的になれません。
そこで、散歩をきちんとこなすと言うことから始めてみましょう。
散歩は、仕事に行く前の朝と、仕事から帰ってきた夜の一日二回が理想的です。

 

ボール遊びをする

散歩に連れていきたくても、雨の日などは難しいですよね。
大型犬や超大型犬など、運動量を必要とする犬は、雨の日でも散歩に出かけなければなりませんが、小型犬は散歩の代わりにボール遊びをして運動させてあげると良いようです。
もともと狩猟犬として活躍していた犬。
ボールを獲物と見立て、追いかける本能をくすぐってあげれば、犬も楽しく運動することができます。
ボール遊びは家にいる時間であれば、いつでもできます。

 

運動と同時に食事内容も見直しを

運動をすれば基礎代謝があがり、徐々に痩せていくことでしょう。
しかし、太りやすい食事を続けていれば、運動の効果もなかなかでてきません。
無添加ドッグフードのような、犬に必要な栄養素が豊富に含まれるドッグフードに切り替えることをおすすめします。

 

人間も運動していても脂っぽいものばかり食べていては、なかなかダイエットできませんよね。犬も同じで、運動と同時に食事の見直しも大切です。
健康的生活こそがダイエットの基本。消化吸収の良い無添加ドッグフードで、愛犬の健康を守ってあげましょう。


関連ページ

ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬が肥満になる原因は?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
避妊去勢手術をしたら肥満対策を始めよう
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエット食なら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!