体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!

体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!

 

お相撲さんの体脂肪率ってご存知ですか?25パーセント以下なんです。
女性の体脂肪率の平均が、だいたい22パーセントから29パーセントですから、意外に低いんです。
見た目は太っているように見えても、実はすべて筋肉で脂肪は少ないと言うことは良くあることです。
これは犬も同じ。
体重が標準であっても、筋肉が少なく脂肪が多い場合もあるのです。

 

犬の肥満度を調べるには?

犬が肥満かどうかを調べる方法には「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」というものがあります。
ボディー・コンディション・スコアとは、犬の体を実際に触ってみて体型や肉の付き方から肥満度を判断すると言うもの。
やせすぎ、やせている、理想体重、太っている、太りすぎの五段階で評価します。

 

ボディー・コンディション・スコアの判断方法

犬の肥満度は、肋骨と腰を見ればわかると言います。
ボディー・コンディション・スコアでも肋骨と腰がどのような状態かで、肥満度を判断するのです。
・やせすぎ・・・肋骨や腰の骨が浮き出ていて、くびれが深すぎる状態
・やせている・・・肋骨が少し浮き出ていて触るとわかる程度。腰にくっきりくびれがある状態
・理想体重・・・肋骨が薄い脂肪で覆われていて、腰のくびれはゆるやかな状態
・太っている・・・肋骨が見た目れはわからない。かろうじて腰にくびれがある状態
・太りすぎ・・・肋骨は触ってもわからず、腰にくびれどころか丸く張り出している状態

 

ボディー・コンディション・スコアで「太っている」「太りすぎ」だったらダイエットを

肥満は悪い病気を引き起こす元凶になりかねません。
ころころとした犬は愛嬌があるかもしれませんが、健康的とは決して言えません。

 

ボディー・コンディション・スコアでテストして太っている以上の結果の場合は、太りにくい食事に切り替えることをおすすめします。
おすすめのドッグフードはやはり無添加ドッグフード
含まれるのは犬に必要な動物性タンパク質ですから、徐々に適切な体型に戻っていくはずです。

 

犬の肥満は飼い主の責任です。
よく食べて可愛いなどと言っている場合ではありません。
食事内容を見直し、無添加ドッグフードのような犬にとって本当に必要な食事を考えるようにしましょう。


関連ページ

ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬が肥満になる原因は?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
避妊去勢手術をしたら肥満対策を始めよう
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエット食なら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!