シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる

シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる

 

人間も年を取ると筋力が衰えて、基礎代謝が落ちてしまいます。
基礎代謝が落ちると言うことは、一日に消費するエネルギー量が減ってしまうと言うこと。
つまり、太りやすい体になってしまうと言うことです。
これは犬も同じ。年齢を重ねるごとに基礎代謝が落ちて、太りやすくなってしまいます。
そんなシニア犬の肥満を防ぐには、どんな方法があるのでしょうか?

 

食事の量を減らす

シニア犬は基礎代謝が低くなっているだけでなく、消化機能も落ちてきています。
消化に悪い植物性のタンパク質や脂質などを多く含むドッグフードだと、消化不良を起こしてしまいがちです。
消化を助ける意味でも、食事の量は少しずつ減らしていくと良いでしょう。
カロリーを抑えることにもつながります。

 

シニア用のドッグフードの切り替える

今や様々なドッグフードが登場し、犬の年齢に合わせたものもたくさん揃っています。
年齢に合わせたフードに替えてあげることで、消化不良を起こしてしまうことは少なくなるはずです。
シニア用のドッグフードの特徴は、消化しにくい脂質などは少なく、その代わりに弱った関節に効く、グルコサミンやコンドロイチンといった成分が含まれているものが多くあります。
カロリーオフにもなっていますから、肥満気味のシニア犬にもおすすめです。

 

無添加ドッグフードもおすすめ

シニア用のドッグフードは様々な種類のものが出ていますが、特におすすめなのが無添加のドッグフードです。
なぜなら、消化にも体にも悪い添加物を含まないので安全というだけでなく、犬が消化しやすい動物性たんぱく質を多く含んでいるからです。
動物性タンパク質を摂取していないと、食べたものが効率よくエネルギーに変わらず、体力が落ちる一方。
動物性たんぱく質を多く含む無添加ドッグフードであれば、老化を最小限に食い止めることが期待できます。

 

シニア犬にも取らなければならない栄養素はあります。
カロリーを抑えつつも、必要な栄養素はきちんと摂る。
無添加ドッグフードで、いつまでも若々しい犬に育ててあげてください。


関連ページ

ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬が肥満になる原因は?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
避妊去勢手術をしたら肥満対策を始めよう
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエット食なら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!