犬が肥満になる原因は?

犬が肥満になる原因は?

 

犬や猫のペットの数は、今や人間の子どもよりも多いと言われる昨今。
ドッグフードなど、ペットの食事も様々なもの登場しています。

 

しかし、新たな問題も。人間と同じように生活習慣病になってしまうペットも増えてきたのです。
増加傾向にある犬の肥満。なぜ太ってしまうのでしょうか?原因をまとめました。

 

運動不足

日中飼い主が仕事などに出ていると、どうしても一日中室内で過ごすことが多くなってしまう犬。
雨の日以外は、最低でも一日1回は外に出て散歩するなど運動をさせることが理想です。
運動不足の犬は人間同様、エネルギーを体内に脂肪として溜め込んでしまいますから、その結果太ってしまうことに。
犬も適度な運動が必要なのです。

 

カロリーオーバーな食事

ドッグフードの中には、犬の食欲をそそるために過剰な脂質が含まれているものもあります。
確かに見た目もおいしそうなのですが、こうした嗜好品ばかり食べさせてしまうと肥満になりがちです。
人間でもハンバーガーや脂っぽいラーメンばかり食べていたら、当然太ってしまいますよね。
人間に野菜が必要なように、犬にも骨となり肉となる栄養素が必要なのです。

 

肥満気味の犬におすすめなのが、無添加ドッグフード

太ってしまった犬のダイエットにおすすめなのが、犬の体にも悪い添加物を含まない無添加ドッグフードです。
無添加ドッグフードには、体に悪い添加物だけでなく、余分な脂質も含みません。
犬が必要とする良質な動物性たんぱく質を豊富に含むため、消化にも良く、徐々に最適な体重に戻っていくことでしょう。
また、嗜好品に慣れてしまった犬の舌も満足させるほど、素材の香りが強く、食いつきも悪くなりにくいのが特徴です。

 

肥満を防ぐためには、1に運動、2に食事です。
無添加ドッグフードのようなバランスの取れた食事と、一日一回の散歩で犬の健康も保ってあげてください。


関連ページ

ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
避妊去勢手術をしたら肥満対策を始めよう
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエット食なら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!