ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?

ドライフードとウェットフードはどちらが低脂肪なの?

 

ドッグフードにはカリカリとしたドライフードと、しっとりとしたウェットフードがあります。
一見するとドライフードよりもウェットフードのほうがおいしそうに見えますが、ワンちゃんの健康を考えると、どちらがいいのでしょうか?

 

意外にカロリーが高いドライフード

ドライフードは水分量が10パーセント以下。
栄養素などがギュッと凝縮されています。
したがって、グラム当たりのカロリーもウェットフードに比べて高いのが特徴です。
しかし、栄養バランスも良く、カリカリと固いため、歯の健康にも役立つと言われています。
ウェットフードよりも日持ちするため、多くのワンちゃんが食べているフードです。

 

ほとんどが水分のウェットフード

見た目がおいしそうなウェットフード。
食材の形を留めたものなので、食べ応えもあります。
また、水分が多く含まれていて柔らかいので、固いものが食べられない老犬などに適していると言われています。
グラム当たりのカロリーもドライフードに比べて低いのが特徴です。

 

低脂肪なのはドライフード

ドライフードとウェットフード、どちらが良いと一概には言えませんが、脂肪が多く含まれているのはウェットフードの方だと言われています。
その点、ドライフードはタンパク質などがギュッと凝縮されているので、成犬にはドライフードを食べさせた方が、栄養バランスもとりやすく、肥満予防にもなるそうです。
最近では無添加ドッグフードでもウェットフードが登場していますが、一般的なウェットフードの多くは、添加物がたくさん含まれたものです。
おいしそうに見えるためにワンちゃんの毒になる添加物をたくさん使用していることが多く、注意が必要です。

 

ワンちゃんに安心してあげられる無添加ドッグフードの多くはドライフードです。
お湯などでふやかせば、ドッグフードの香りも強まり、歯や歯肉の弱いワンちゃんでも食べられます。
柔らかいからと言って老犬にウェットフードばかり与えてしまうと、脂肪の摂りすぎで消化不良を起こしてしまったり、栄養バランスが崩れてしまう可能性もあります。
ドライフードは毎日の食事に取り入れるようにすると、ワンちゃんの健康にはよいのではないでしょうか。


関連ページ

犬が肥満になる原因は?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
避妊去勢手術をしたら肥満対策を始めよう
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
体重だけじゃない「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」で肥満度チェック!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエット食なら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のダイエットに運動しよう!運動方法とその時間
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シニア犬(老犬)は基礎代謝が落ちるので太りやすくなる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!