愛犬がウンチを食べてしまう!食糞の原因と対処法

愛犬がウンチを食べてしまう!食糞の原因と対処法

 

ワンちゃんが自分の排泄物を食べてしまうことを「食糞」といいます。
この食糞行動、原因はたくさんあり、放っておくと癖になってしまい治らなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。
ではなぜワンちゃんは自分のウンチを食べてしまうのでしょうか?

 

食糞の原因

ワンちゃんがウンチを食べてしまう原因はさまざま。
ストレスや空腹が原因である場合があるといいます。
ワンちゃんは通常、一日2食の食事をしています。
しかし、激しい運動をしたり、いつもより長めに散歩をしたりすると、消費エネルギーが増えます。
そうすると、人間と同じように小腹がすいてしまうのです。
おやつなど間食を与えている場合はいいのですが、そうでない場合、ウンチを食べてしまうことがあるそうです。
また、飼い主さんにかまってもらいたいがために、ウンチを食べて気をひこうとすることもあるそうです。
この場合はウンチを食べたときに飼い主が自分の方に振り向いてくれた、という記憶のもとに行動しているそうなので、ウンチを食べても反応しない、もしくは食べてしまう前にウンチを処理してしまうと良いそうです。
しかし、食糞の原因の中には、足りない栄養素を補う為という場合もあるそうなのです。

 

栄養不足でウンチを食べてしまう場合の対処法

ちゃんとご飯をあげているのに、食糞の行動が見られる場合、その与えているドッグフードの栄養素がきちんと吸収されていない可能性があります。

 

一般的なドッグフードの主原料はトウモロコシや小麦といった植物性タンパク質。
実は、植物性タンパク質は、ワンちゃんが消化しにくい食材なのです。
ワンちゃんの体は動物性のタンパク質、つまり肉などを消化するのに適した構造をしています。
ですから、植物性のものをいくら与えても、ちゃんと吸収できないのです。

 

その結果、ワンちゃんの体に必要な栄養素が不足してしまうのです。
栄養不足かもしれないと思ったら、ドッグフードを変えてみることをおすすめします。
無添加ドッグフードは、ワンちゃんに必要な動物性タンパク質が主原料で、そのほかの栄養バランスも整う良質なフード。
もちろん消化吸収しやすい食材がほとんどです。

 

ドッグフードを無添加のものに変えるだけで、ワンちゃんの毛並やウンチの質までよくなっていきます。
栄養が体内に行き届くことで食糞のクセも治っていくはずですが、治らない場合は、糞をすぐに処理してしまうようにすると良いそうですよ。


関連ページ

下痢と軟便の違い
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
うんちで犬の健康がわかる!見分ける5つのポイント
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のうんちがゆるい。軟便の原因とは?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬が軟便の時にはビオフェルミンが効く!?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
ドッグフードを切り替えるだけでも犬の軟便の改善ができる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
愛犬のウンチの量が多くないですか?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!