うんちで犬の健康がわかる!見分ける5つのポイント

うんちで犬の健康がわかる!見分ける5つのポイント(色、固さ、匂い、量、回数)

 

ウンチは毛並と同様、ワンちゃんが健康であるかどうかを見るバロメーターです。
健康な時のウンチと、そうでないときのウンチには、決定的な違いがあります。
その見分け方をご紹介したいと思います。

うんちの色

ワンちゃんのウンチは、ワンちゃんが食べたもの、そのものの色になります。
例えば、歯磨きガムで緑色のものがありますが、この緑色のものを食べればウンチは緑色になります。
また、ヤギのミルクなど白いものを食べれば、当然ウンチも白っぽくなるのです。
良質なドッグフードの色は茶色ですから、茶色のウンチをしていればまず健康であると言えるでしょう。

うんちの固さ

固さは、柔らかすぎず、固すぎずといったところでしょうか。
一般的に「ティッシュでつまんでもトイレシートに付かない固さ」と言われています。
小型犬だと人間の人差指位の大きさ、大型犬だと人間と同じくらいのウンチが理想的です。

うんちの匂い

匂いが強すぎるウンチは、問題です。
通常食物は体内で消化吸収され、腸内で善玉菌などによって発酵、ウンチとして排出されます。
こうした工程の中で、消化がうまくできなかったり、発酵できないと強い匂いになってしまうのです。
対処法としては、無添加ドッグフードのような良質な動物性タンパク質を含み、栄養バランスの取れたドッグフードに変えてあげることです。
消化吸収、発酵がスムーズに進むはずです。

うんちの量

ウンチは、簡単に言うと不要な排泄物。
つまり、体に不必要なものです。
食事の量が変わらないのにウンチの量が多くなっている場合は要注意。
ドッグフードに問題があるかもしれません。
良質なドッグフードだと、ほとんどが消化吸収されてしまうので、ウンチの量が少なくて済むのです。

うんちの回数

理想とされる回数は食事の回数とほぼ同じ回数です。
ワンちゃんの場合、一日に2回の食事ですから、一日に2〜3回ということになります。
ワンちゃんによっては一日に1回という場合もあります。
明らかに多い場合を除いては、それほど神経質になる必要はありません。

 

ウンチは毎日のお勤め。
そのウンチの状態や回数が乱れている場合、今与えているドッグフードをうまく消化吸収できていない場合があります。
無添加ドッグフードであれば、ワンちゃんにとって体に良いものしか含まれていません。
試されてみてはいかがでしょうか。

 

当サイトおすすめフードを見てみる⇒無添加ドッグフード


関連ページ

下痢と軟便の違い
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のうんちがゆるい。軟便の原因とは?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬が軟便の時にはビオフェルミンが効く!?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
ドッグフードを切り替えるだけでも犬の軟便の改善ができる
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
愛犬がウンチを食べてしまう!食糞の原因と対処法
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
愛犬のウンチの量が多くないですか?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!