自宅で行う正しい犬のシャンプーの仕方

自宅で行う正しい犬のシャンプーの仕方

愛するワンちゃんには、いつまでも健康で長生きしてほしい。
飼い主さんにとって、これは共通の願いですよね。
さらに、きれいにしてあげていたい。
これも同じくらいの願いではないでしょうか。
そこで、お家でもシャンプーをしてきれいにしてあげましょう。

ワンちゃんはシャンプー嫌い?

お風呂場に行くのを嫌がったり、ドライヤーで乾かすことを嫌がったり、ワンちゃんはシャンプーの時間を嫌うことが多いですよね。
これが大型犬になると大変!!お風呂は泡だらけ。
飼い主さんはびちょびちょ部屋も水浸し。
大惨事になってしまうことが多いのではないでしょうか。
ワンちゃんがシャンプーの時間を嫌うのには理由があります。
シャワーの「音」、そして、ドライヤーの「音」が苦手なのです。
まず、シャワーやドライヤーの音に慣れさせることから始めましょう。

シャンプーの前にはブラッシングを

人間もシャンプーの前に髪の毛をブラッシングしておくと、絡まず髪を傷めずに洗うことができますよね。
ワンちゃんにも、こうしたひと手間をかけてあげましょう。
ワンちゃんの場合、シャンプー前にブラッシングすることで落とせる汚れもあります。
さらに長毛のワンちゃんの場合は、毛が絡まり玉になってしまうのも防げるのです。

シャワーは後ろからやさしくかけてあげる

ただでさえワンちゃんはシャワーの音が苦手です。
そのストレスを少しでも軽減させてあげると、スムーズにシャンプーすることができます。
そのために、シャワーはワンちゃんのお尻の方からかけてあげると、おとなしくしていくことが多いようです。
お尻から背中、お腹、足に腕、そして顔と、ゆっくりやさしく当たる水量で濡らしていくようにしてください。
シャンプーは指の腹で優しくマッサージするようにして洗いましょう。
毛の汚れを取ることはもちろんですが、毛に覆われている皮膚の部分も清潔にしてあげるように、皮膚の部分もきちんと洗うようにしましょう。
流す時もワンちゃんの後ろから。
シャンプー剤が洗い残っていると、フケや皮膚病の原因になることもあります。
丁寧に皮膚の部分も洗い残しがないようにしましょう。

 

カットは難しくでも、シャンプーはお家でしてあげられます。
ちょっとしたひと手間と、ワンちゃんが嫌がる原因を踏まえておけば、問題なく洗ってあげられるはずです。


関連ページ

犬の毛並みが悪くなる原因とは?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
シャンプーだけでは毛のツヤは良くならない理由とは!?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
自宅で行う正しい犬のブラッシングの仕方
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!