犬の食べ物アレルギーの症状と対策方法

犬の食べ物アレルギーの症状と対策方法

 

ワンちゃんがなんだかかゆそうに体をかいている。
犬はかゆくなくても、感情を「かく」という行動で表します。
例えば、前足で頭をかくしぐさ。これは「不満がある」ということを表しているのだとか。
一方で、後ろ足で頭をかくしぐさは「とっても嬉しい」ということの表れなのだそうです。
しかし、体調の変化のサインの可能性もあるのです。

犬にもある、「アレルギー症状」

様々な外的刺激に過敏に反応してしまう「アレルギー症状」
人間でいえば、皮膚炎ですとか、花粉症がアレルギー症状の主な症状です。
これはワンちゃんにも起こり得ることなのです。
ワンちゃんのアレルギー症状で多く見受けられるのが、「皮膚炎」
体をかゆそうにかいていたら、要注意です。
フケが出てしまったり、毛が抜けたり、ひどい時には赤く炎症を起こしてしまうこともあります。

アレルギーの原因は「食べ物」

ワンちゃんがアレルギー症状を起こす大きな原因に、普段の食事にある可能性が高いと言います。
つまり、人間にもある「食物アレルギー」ということです。
特定の食材にアレルギー反応を起こしてしまうこともありますし、ドッグフードに含まれている添加物にアレルギー反応を示すことも多いようです。
添加物とは、ドッグフードが長持ちするように加える保存料など。
こうした化学物質がアレルギーを引き起こすリスクは高いと言えます。

アレルギー症状の対応策は「食事を変える」こと

普段食べさせているドッグフード。
その原材料の表記をよく見てみてください。
何の肉が使われているか、添加物はどのくらい入っているか確認してみましょう。
一般的なドッグフードは値段がお手頃な代わりに、主原料が犬に必要な「肉」ではなく、「小麦」など植物性タンパク質であったり、添加物がたくさん含まれていたりします。
本来であれば犬は「肉」を最も多く食べなければならない動物。
必要なものが足りていない可能性があります。
そんなときは、思い切って無添加のドッグフードに変えてみましょう。
無添加ドッグフードであれば、ワンちゃんに必要な「肉」が主原料である上に、添加物が含まれていないので安心です。

 

一般的なドッグフードは、添加物まみれである可能性が高いそうです。
そんな添加物にアレルギー症状を起こしてしまうワンちゃんは少なくありません。
ワンちゃんの健康を願うのであれば、無添加ドッグフードがおすすめ。
食事を見直してみる必要があるのかもしれません。


関連ページ

犬のアレルギーにはどんな種類があるの?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬にアレルギーの症状が出たら病院で検査しよう!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のアレルギー対応フードなら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
アレルギー源になりやすい素材とは?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!