犬のアレルギーにはどんな種類があるの?

犬のアレルギーにはどんな種類があるの?

 

アレルギーと一言に言っても、様々な種類があります。人間でもそうですよね。
皮膚に出てしまうこともあれば、くしゃみに出てしまうこと、またひどい場合には呼吸困難にまで陥ってしまうこともあります。
こうしたアレルギー症状は、ワンちゃんにもあるのです。その原因も、様々なんです。

アレルギーの種類

アレルギー反応は、外からの刺激に過剰反応してしまう症状のこと。
アレルギーを引き起こす原因もさまざまです。
最も多い原因は、やはり食事「食物性アレルギー」です。
食物アレルギーを引き起こす食材は、トウモロコシや大豆、小麦といった植物性タンパク質から牛肉、鶏肉といった肉類まで多岐にわたります。
次に「接触性アレルギー」というものがあります。
これは、金属や革製品などがワンちゃんの皮膚に触れたときに起こるアレルギー。
ステンレス製のお皿でご飯を食べたときにアレルギーを引き起こしてしまうこともあるそうです。
最後は「虫などに刺されて起こるアレルギー」
ダニやゴキブリなどに触ったり、間違って食べてしまったりして引き起こされるアレルギーです。

アレルギーの症状

ワンちゃんの主なアレルギー症状に、皮膚炎があります。
体をかゆそうにかいていたり、フケが出ていたり、毛が抜けてしまったりしていたら、アレルギー症状かもしれません。
また、ひどくなると嘔吐や下痢といった症状が出てしまいます。
食べ物をを食べ、消化吸収されるときにアレルギー反応が起こるため、その食べ物を体内から追い出そうとし、嘔吐や下痢の症状になってしまうのです。
体がかゆかったり、嘔吐や下痢は人間でもつらいですよね。
ワンちゃんもアレルギー症状でつらい思いをしてることと思いますから、まずは獣医さんに診てもらい、何がアレルギーの原因か特定しましょう。

 

アレルギーを引き起こすのはドッグフードに含まれる添加物の可能性もあります。
ワンちゃんにはできるだけ体に害のないものを食べてもらいたいですよね。
犬に必要な栄養が豊富な無添加ドッグフードを試してみてもいいかもしれませんが、アレルギーを引き起こす原因が何かを突き止めるのが先決です。
動物病院に行き、専門家の診断にゆだねましょう。


関連ページ

犬の食べ物アレルギーの症状と対策方法
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬にアレルギーの症状が出たら病院で検査しよう!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
犬のアレルギー対応フードなら無添加ドッグフードがおすすめ!
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
アレルギー源になりやすい素材とは?
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!