犬の多頭飼いで注意するポイント

犬の多頭飼いで注意するポイント

 

犬は群れを成して行動する動物です。
一頭でいるよりも数頭でいた方が、社会性も学べて育てやすいという声もあります。
ただ、むやみに多頭飼いをしてしまうと、「こんなはずではなかった」と、トラブルに悩まされることになってしまいます。今回は、多頭飼いで注意すべきポイントをご紹介します。

 

新たに迎える犬はオスか?メスか?

新しく犬を迎える上で、気をつけなければならない基本的なこととして、オスを迎えるのか、メスを迎えるのかということです。
先住犬がオスの場合は、新たにメスを迎え入れるとケンカしにくいと言われています。
ただ、このとき注意が必要なのは、去勢、避妊手術は必須ということ。
無計画な繁殖で大変な思いをしてしまう可能性があるので、きちんと去勢、避妊手術は行うようにしましょう。
最も気をつけたいのは、オス同士の場合。縄張り争いなどでケンカをしやすいので要注意です。
メス同士も同じ。争いを避けるのであれば、同性は避けることをおすすめします。

 

先住犬との相性

性別はもちろんですが、先住犬の性格に合う子かどうか見極めることも重要です。
好奇心旺盛で元気な性格の犬の場合、二頭目を受け入れやすいと言われています。
ただ、攻撃的な性格であったり、逆におとなしい性格、甘えん坊で飼い主にべったりという性格の場合は要注意。
攻撃的だったり、甘えん坊な性格だと二頭目を敵視してしまい、迎い入れるのは難しくなりそうです。おとなしい性格の場合は、二頭目が元気で積極的な性格だと我慢をしてストレスを溜めてしまう可能性も。先住犬の性格をよく考慮してから二頭目を考えるようにしましょう。

 

 

多頭飼いで悩みとなるのは、犬同士のケンカです。
ケンカしてしまいそうな組み合わせであっても、案外うまくいく場合もありますし、うまくいくと思っていてもケンカが絶えずどちらかがけがをしてしまうなんて惨事になってしまうこともあります。
ですが、二頭目以降を迎い入れた場合、どの犬も最後まで責任をもって飼う覚悟を持つことがとても大切です。
相性の悪い子の場合は、同じ空間にいないようにするなど、ちょっとした工夫で暮らすことはできます。多頭飼いは手間がかかると心得、安易に新しい犬を迎えないようにしましょう。