食欲がなくなり衰弱していく飼い犬

食欲がなくなり衰弱していく飼い犬

オスのチワワの犬を13年飼っていましたが、肝機能の低下で亡くなりました。
病気が発覚したのは亡くな6日前の事です。

 

症状はご飯をほとんど食べず、水も飲まないので風邪と思いしばらく様子を見ていましたが、体調の回復が見られないので、心配になり動物病院で診察してもらいました。
診察の結果は肝機能の低下で老犬に良く見られる症状である事を知りました。
処置は点滴を打ってもらいましたが、回復の見込みは無い事を知りました。
肝機能の低下が原因で亡くなる事は多く、完治する事も回復する事も無い事を知り、悲しくなった事を覚えています。
点滴を打って家に戻り、しばらくすると歩くようになりましたが、歩き方がよわよわしく、今にも倒れてしまうのではないかと思うほど、かわいそうで、目をそむきたくなる思いでした。
飼い犬は私の気持ちを察したのか、僕は元気だよ健康だよとアピールしてくるのを見ると涙が出てきてしまい、できるなら、私が代わりになってあげたいと思いました。

 

常に私の目を見て何かを訴えてくるで、私は大丈夫だよ、大丈夫だよと、頭をなでたり、体をマッサージする事しかできませんでした。
翌日になっても食事を取らず心配でしたが、私も仕事があるので常に家にいる事ができない為、家族みんなで飼い犬の面倒と介護をする事になりました。
日に日に弱っていく飼い犬は、それでも必死に生きようと頑張っているので、私達家族はできる事を最後まで行うと決めました。
飼い犬は食事を取る事は無く、ほとんど横になっている状態なので、3回程病院で点滴を打ってもらいました。
3日程経つと飼い犬の毛につやもなく、反応が徐々に鈍くなっていくのが分かりました。
どのような選択が正しいか分からず、自分たちが飼い犬にしている事は飼い犬の為になるのか考えましたが、子供も幼く、飼い犬の事を大事にしているので一日でも長生きできる選択を選びました。
亡くなる1日前から、おしっこを漏らす事が目立ち、その処理をした時に、今まで聞いた事も無い声で泣いたのを忘れられません。
動物は人間とは違い感情が無いと聞いたことはありますが、私自身感情があると考えています。

 

翌日、仕事から帰ってくると飼い犬は、ソファーの上で息を引き取っていました。
私は心の準備はしていましたが、いざ直面すると、飼い犬との思いでが蘇り、ただただ泣く事しかできませんでした。

 

飼い犬を毛布にくるんで、膝の上において、頭をなでながら、よく頑張ったね、今までありがとう、あなたのおかげで救われたことがたくさんあって感謝している事を伝えました。

 

しばらくそのままの状態で、何もやる気が起きず、子供達が返ってくるまで、二人の時間を大切にしました。

 

↓↓↓↓↓↓↓

>>本当に安心・安全なドッグフードを知りたい方はこちら<<

関連ページ

我が家に来て1週間後に発病しました
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
お尻に腫瘍ができたので手術を受けました
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!
愛犬が倒れた
添加物を含むドッグフードが原因で起こるといわれているさまざまな病気。予防、改善の為にも無添加ドッグフードで食生活の見直しをしましょう。そんな安心安全な無添加ドッグフードの選び方を紹介!症状別でわかりやすい情報も掲載中!